HOME

Next Live

●08月10日(金) 19:30~
東京国際空港 国際線旅客ターミナル 5階 EDO HALL(展望デッキフロア)
2曲ほど歌唱予定

Rumeena (ルミーナ)デビューアルバム「Infinity〜光の声〜」
発売記念インストアミニライブ

●08月11日(土)16:00~ イオン石岡店2F イベントスペース

Rumeena デビュー アルバム

2018年7月18日発売 1st アルバム「Infinity~光の声~」
01.Peace of mind (ユネスコ・パリ本部公式ソング)
02.Ombra mai fu ~ ラルゴ
03.Fly me to the moon
04.私の存在の意味(「3年B組金八先生」 シリーズ8 挿入歌)
05.My friend
06.Not alone~ひとりじゃない

品番:CRCP-20556
定価:2,130円+税
発売元:日本クラウン株式会社
全国CDショップにて購入可能ご購入はコチラから

プロデューサー城之内ミサ氏より

Rumeena がまだ高校生の頃だったと思う。
ユネスコ公式ソングである『Peace of mind』の英語バージョンを歌ってくださったときのことを
今でも鮮明に覚えている。
空港でのコンサートのため、人の往来の中での公開リハーサル中でのことだった。
「Wide and blue sky Eternal light~」という歌い出しを聴いた瞬間、彼女の神々しい歌声は
周りの景色を一瞬にして永遠に輝く果てしない青空の情景に変え
私も奏者達も、思わず演奏の手を止めてしまう程だった。
そう、それはまるで、映画「ショーシャンクの空に」のワンシーンのようだった。
荒んだ刑務所の生活の中、とあることがきっかけで突然流れて来た美しい歌声に耳を傾ける囚人達。 「これが何の歌かは知らないが、豊かな歌声が我々の頭上に優しく響き渡った。
美しい鳥が塀を飛び越えていくようだった。短い時間だったが皆が自由な気分を味わった」。
空を仰ぎ見ながら、彼らが希望の光を見た瞬間。
確か、そんなシーンだった。
Rumeena はインドと日本のダブルで、そのために子供の頃は辛いこともあったようだった。
でも、その心の傷は人への優しさと生きる為の芯の強さへと導いた。
きっと Rumeena の歌声は人々を分け隔てなく癒し、国境や文化、人種の壁を飛び越え
光り輝く鳥の翼のように自由に羽ばたいていくことだろう。
クラシカル・クロスオーバーシンガーとして世界中で活躍してほしいと願っている。

音楽家・ユネスコ平和芸術家 城之内ミサ